ミュージカル・フレンズ掲示板

57336
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

久し振りの… - マキ山本

2017/07/18 (Tue) 18:16:55

アッという間に7月も中旬

久し振りの投稿になってしまいました


この間


舞台も映画も色々観ていましたし

相変わらず

歌ったりハモったり、ダンスも少々


Gleeでやっている曲は
20年前位に流行った雰囲気のある不思議子さんの
とある曲。JPOPです

裸足のロングスカートで歌うイメージとのことで
振付けもスカート捌きあり。。。

まずいっ
稽古用スカート全部捨てちまったぜぃ


話しはまったく変わりますが


映画「バイレーツ・オブ・カリビアン」
ご覧になりました?

シリーズ好きとしては見逃せない
ということで早々に駆けつけました


若き日のジャック・スパロウが出てくるのですが

おー若い懐かしいと思ったら

これが…本人ではなく
別の俳優さんが演じているのですって

メイクや衣装を似せているのはもちろん

オリジナルの表情や仕草を被せ処理しているそうです


そっくりなワケだ

映像技術の進化はスゴイです




ところで、またまた話しは変わりますが


今年も中央区さんからお話しを頂きまして


まるごとミュージアム2017で
イベントをさせて頂くことになりました


さぁどんなイベントにしましょうか

色々考えつつも準備に入らねば


今年は10月29日とのことです

よろしくお願い致します~







ミュージカル風?ダンスレッスン - マキ山本

2017/06/09 (Fri) 18:27:06

久し振りにレイ子先生のダンスレッスンに出ました


元々、先生は
格好イイ系の振付けが得意でらっしゃるのですが


ハイスクールミュージカルとかグリーのような
楽しい系もやってみたくなったんですって


ということで、この日の選曲は


「GLEE×HAPPY」


私は以前、本家ウィリアム・ファレルのバージョンで
グリーしたことがあるのですが

リズムの取り方が難しく発音も含め

ブラザー&シスターなニュアンスが出せなくて

四苦八苦した記憶が



でも 「GLEE×HAPPY」

メインボーカルが女性になってるし


みんなで歌って踊れるアレンジが

すっごく楽しい

ハーモニーや掛け合いも良い感じ




先生はダンスだけでなく歌も入れて…と
おっしゃるのですが

確か~に
レイ子先生の振付けの割には振数は多くないですが


歌いながらになるとちょっと大変で~す



でもでもっ楽しそう(*^_^*)


「GLEE×HAPPY」
   ↓

https://www.youtube.com/watch?v=DkioXaWjfSU


最近の映画・ドラマ・舞台も2.5次元流行 - マキ山本

2017/06/02 (Fri) 19:04:48


歌いながら踊るGLEE

ちょっとばかし激しく一踊りした跡のソロパートは

あいかわらず息切れして苦しいのですが。。。


体力つけると言っても
やたらな筋トレで関係ないところを重くしては
声帯を動かす小さな筋肉に負担が掛かってしまうそうで


やーはーりー

歌って踊ることでしか鍛えられないらしい

あと脳をだますというか
く、苦しいと思わないようにすることも大事なような



さてさて

話題になっている映画「帝一の國」を観ました!


総理大臣を目指す高校生・帝一が
その一歩として生徒会長を目指し

流血なき戦闘である選挙に大奮闘するコメディーですが


たかが高校生といえども
派閥があったり、くっついたり裏切られたり…と

もはや政界と同じ様相

男性の地位と名誉好きは生来のものなのかな?


生徒会という若者達の世界なのに
やってることは老獪な政治家達の集いや政党と同じ


ま、そこが面白いのですが

生徒会の命運をかけたイベント盛り上げのための
ふんどし太鼓のシーンも

思いの外本格的で
エンターテイメントなシーンになっていました

https://www.youtube.com/watch?v=TZ3ka-bnlGE



映画というのに
どこか舞台に向くような雰囲気だなと思っていたら


やはりやってました!!!

2.5次元ミュージカルの學ラン歌劇で


私は観ていませんが…

ストーリー展開されるのが主に学園内という

小さな世界であるのが

舞台にのせるのに向いているのだと思います











涙活~☆ - マキ山本

2017/05/25 (Thu) 18:37:55

笑うことは、健康にも心にも良いとは
よく聞きますが

涙を流すこともとても良いのですって!!!


人はストレスを感じると
交感神経が極端に緊張した状態が長く続き

身体がどんどん錆びて行き
老化を加速させるんだそう

この緊張を緩めてストレスを解消する方法は

眠ること

睡眠以外で唯一解消できるのが。。。


情動の涙を流すことなんだそう

なんと!

一晩ぐっすり眠るのと同じくらいの
リラックス効果があるそうです


と、いうことで

『涙活』勧められました


涙活とは
1ヶ月に2~3分だけでも
能動的に涙を流すことにより
心のデトックスを図る活動のこと


まぁ私の場合、今までも
舞台や映画を観たり音楽を聴いたりしてる時

感動したり、感傷的になったりで
自然に涙活してた感じですが(^^;)


本番や大事なプレゼンなどの前夜に涙活しておくと

当日リラックスして
高いパフォーマンスを発揮できますよ


な~んて言われたら


狙い定めた日に

やるっきゃないでしょ


あ、でも、
目を腫らすことがない程度に。。。ですけどね。




  

華やかな舞台~☆ - マキ山本

2017/05/09 (Tue) 18:02:00

少しばかり久し振りの宝塚歌劇♪

東京宝塚劇場で‥

星組『スカーレットピンパーネル』を観ました!!!


宝塚のショー好きとしては
芝居1本立てはあまりウエルカムではないのですが

この作品はまた別!



フランス革命。。。と言っても
革命が起きた後、迷走を続けるフランス

ギロチンに追い込まれる罪なき貴族達を救うために

奔走する謎の義勇団スカーレットピンパーネル(紅はこべ)

スカーレットピンパーネルは英国人貴族らしい‥探しだせ!
というところからお話しは始まります

ピンパーネルのリーダー主人公




この作品、宝塚では再々演なのですが


元々の海外ミュージカルらしい大人っぽさもあって

見応えもありますし

素敵なナンバーも沢山あります☆



テノールやバリトンの男優さんのために創られた歌を

男役とはいえ女性が歌いこなすのは相当に大変ですし

その曲の良さをお客様に感じてもらうことは難しいことです。



ですが、そこは宝塚

上手にアレンジ調整されていますし、
上手い下手がすべてじゃありませんものね

キャストの皆さん、心を込めてよく歌われていたと思います!



オリジナル曲の他に
宝塚歌劇のために書き下ろされた主役が歌う曲があって

私もレッスン曲に選んだこともあるぐらい大好きな曲


やはり耳に残る良いメロディ~(^_^)v と思うと同時に


初演、再演、今回と聴いて来て感じたことは

主人公がこの歌を最初に歌う場面での、その歌の趣で

それぞれの役作りというか

人物像が浮かび上がるなぁということ




華やかな場面あり、冒険活劇のような心躍る場面もあり

いつもながら夢のある舞台で楽ませてくれますが

芝居の後のミニショーはやはりワクワクがとまりません



隣が男性客(しかもかなり大人!)が始終、胸の前で両手を組んで観ていて


お気に入りのスターさんの場面では 口元近くで拍手を送る乙メンっぷり

あー男性でもその好き好き体勢になってしまうくらいに素敵なんだよね

と妙に納得しながら、少しばかりの対抗心から


良いと思った場面での拍手は

少し高め位置でスターさんに送ったのでした(笑)



今回の星組公演初日のダイジェスト
下記で楽しんで頂けます
   ↓

https://www.youtube.com/watch?v=VCI3focXjQE

美女と野獣~☆ - マキ山本

2017/04/25 (Tue) 20:06:49

ディズニー映画実写版

『美女と野獣』


日本語吹替で観ましたが

期待に違わぬ楽しさと豪華さ


これからご覧になる方もいらっしゃるかと思うので
内容は置いときますが



ディズニー映画の何が素晴らしいって

ヒロイン、ヒーローの素敵さはもちろんのことですが


脇役達の活躍が楽しい


粒立った名脇キャラ達の活躍には心が踊ります

そしてヒロイン・ヒーローが落ち込んでいる時の
寄り添い方や慰めの言葉

心にじ~~んと来ます


『美女と野獣』にも
魔法をかけられて王子(野獣)と共に
人ならざる物にかえられてしまった
お城の召使い達が出て来ますが


もうもう素敵なキャラクター達のオンパレードで

アンティークの宝石箱をひっくり返したよう

中でも、燭台のルミエールが人なつこくて健気で
今回のお気に入りです(^_^)v


そしてディズニー映画の魅力は‥

やはり


音楽の素晴らしさ


アラン・メンケンの楽曲があまりにも美しくて
いつまでも耳に残り胸に響き渡ります


どなたが吹替えているか
事前に知らないで聴きましたが

吹替えの歌い手達の歌唱も素晴らしかったですよ

ポット婦人の優しい声はどなた?と思ったら、

岩﨑宏美さんでした



吹替版オールスターズによる「Be Our Guest」

小粋で軽やかな感じにアレンジされてます
ぜひ聴いてみて下さい
 
    ↓
http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast/premiumcast.html

盛春とラ・バヤ - マキ山本

2017/04/21 (Fri) 16:29:21

ここのところ
4月とは思えない程の陽気となりましたね~


GLEEでは発声と歌練の段階から既に汗がじんわりと滲み
「もっとぉ身体の中からーっ」と檄を飛ばされ
♪duwa duwa♪ と歌ううち、額には大粒の汗が。。。
Danceしながら歌った時にゃ大量に流れ出し
止まった時も止まらない~~
ダメ出しされてる時も止まらない~~
まるで湧き水の如し

これから夏に向けて‥が思いやられます



最近はバレエやオペラも映画館で上映されるようになって
劇場で観るのとはまたひと味違う楽しみもあります。

昨秋上野の国立劇場で上演された
Kバレエカンパニー熊川版『ラ・バヤディール』

のin cinema

バレエを知らなくてもストーリーや見所が解りやすく
敷居も高くないのがGood

インドの舞姫と戦士の悲恋ストーリーの作品ですが

一瞬にして異国情緒の世界へと誘われる舞台しつらえが
センス良いです

舞姫、恋敵の姫君、戦士、コールドにも
沢山の見せ場と魅力的な場面がありますが

ひときわ個性的なブロンズ・アイドル(=神様?仏様?の化身)

全身金色の男性ダンサーが通常はストーリーとは別の次元で
ダイナミックに踊る人気の場面ですが

今回の熊川版では、最終幕に
裏切りと権力の濫用、殺戮、天変地異によって荒れ果ててしまった地上を浄化し
人間を癒すために遣わされた、という設定になっていました。

今までにない新しい解釈と演出です。

解釈は色々と思う人もあるかもしれませんし
唐突にメチャ背負わされ大きな役になってるじゃんと
思わないでもありませんが
踊りは素晴らしかったです!!


ブロンズ・アイドル
若き日の熊哲氏の出世役で
人気を不動のものにした役でもあると聞きまして

動画を探してみました


は----すごい!!!
やはり「世界の」と言われるのが解る素晴らしさ

熊哲氏のブロンズアイドル1991
      ↓

https://www.youtube.com/watch?v=c5MEDqpZAs0

3月のライオン・実写 - マキ山本

2017/04/12 (Wed) 20:51:36

3月はライオンのように
荒々しい気候で始まり
子羊のように
穏やかに終わる


春の訪れの英国のことわざからインスパイアされ
原作マンガの作者・羽海野チカさんが
題名を付けたのだそう


「3月のライオン・前編」


マンガとアニメは見ていないので
分かりませんが


映画全編は雑ですが一言でまとめると‥

将棋の青春ものでしょうか


「月島・佃の見知った風景が沢山出てきます」と
地域新聞に載っていて鑑賞することに

私は原作も未読で将棋のことも分からないですが


見応えがありました


対局シーンもかなり多く
全編通して将棋の色が濃いですが


孤独な主人公の葛藤の日々に

ライバル達や恩師との交流があったり

支えてくれる優しい人達との出会いがあったりで


主人公の堅く閉ざされた心が
ほころぶ瞬間もあったりして
救いがあったかと思うと

問題ありのお姉さんに傷つけられたり
振り回されたり‥

ドラマもしっかりあります


将棋の勝負シーンもドラマティックですけどね!


主人公以外の登場人物達に関しても
人物像の描写がなかなか細やか


将棋の勝負って相手がいますけれど

自分との闘いであり
とても孤独だと感じました。


胃をキリキリさせ
頭や胸を掻きむしりながら

それでも挑まずにはいられない

静かに勝負に燃え続ける棋士達の姿が


心にずしっと来ました


後編では、先のことわざのように

荒々しい勝負の嵐の先に

穏やかな何かが見えるでしょうか。。。?










久し振りに~ - マキ山本

2017/04/07 (Fri) 19:03:35

宝塚宙組の東京公演を観ました

芝居「王妃の館」とショー「VIVA FEST!」の2本立て


芝居は、宝塚ですから歌とダンスも盛り込まれたスタイル

浅田次郎原作の
パリやらベルサイユやらルイ14世やら華やかな要素満載な
コメディ

宝塚のコメディって笑えないことが多くて

最初は楽屋落ちな匂い?がして、とまどいましたが

トップさんの明るさと思い切りの良さ
それと間が良いからかなぁ


気付いたら、声をあげて笑っておりました


トップさんの歌も歌い過ぎない部分が効いていて
盛り上がるところも楽に聴けて
なかなか良かったです


トップ娘役さんは今回が退団公演

もっと歌姫だと思っていましたが
ちょっと物足りないような。。。
いや期待し過ぎたからかもしれません。


ショーフィナーレのエトワール(娘役さんソロ)が
澄んだ声で気持ち良かったです


ショーは

闘牛士と牛のダンス場面
理性と野望がテーマのダンス場面
YOSAKOIソーランの場面と

群舞がたっくさんあって楽しめました


あと

大階段での黒燕尻男役の場面

こんな大人数で端正な黒燕尻ダンスを魅せられるのは
男役レビュー劇団、ユニット数々あれど

やはり宝塚だけです


そして
トップコンビのデュエットダンス


この二つの場面は
ホントに幸せ気分にしてくれますねー

宝塚の何が素晴らしいって

お客を幸せな気分にしてくれることです



それにしても出演者達に聞きたいのは

激しく踊った後の歌!
どうしてそんなに声が乱れずに歌えるのでしょう?


私の今グリーでの最大の課題であります


若さ

もちろんそれもあると思います


でもそれだけじゃないでしょ~~

やはり日頃の鍛錬もありますよね。。。?

そう信じないと頑張れませーん






















ジョージとマイケル - マキ山本

2017/03/31 (Fri) 15:38:29

自分の弱い音域の声を鍛えて

もっと自由に歌えるようになりたいとの思いで

昨年末から、新しい歌の先生のレッスンを受けているのですが

そのレッスン方法はユニーク


その人に合わせて

問題点を克服するための練習方法を

提案して下さるのですが


バランスボールやタオルを使って

喉のリキみを抜く方法や

お腹の使い方を教えて下さったり


とても解りやすいのです


私の場合は口の開け方と意識を持って行くところが

今までとは変わり

最初は戸惑いましたけれど


そんな時は


顔の筋肉が描かれた飛び出す絵本?を示して

説明して下さいました。


スタジオ内には小さな骸骨の模型もあって

先生はジョージと呼んで愛でておられる


顔の筋肉の絵は立体的になっていて…
ちょっと、おどろおどろしいのですが

マイケルと呼ばれています


ジョージとマイケル

お世話になっています!(^_^)v



Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.